レビュー記事

ギフトにおすすめ!老舗の滋味が味わえる「新橋玉木屋のホタテの佃煮」

boiledscallop

母の日、父の日、お中元にお歳暮…。

仕事でお世話になったあの方へ、贈り物、何にしようかなぁ…。

折々の贈り物、悩みますよね。

もし、普通にご飯を召し上がる方だったら…?、佃煮はいかがでしょうか?

佃煮? 結構ありきたりじゃないの? 喜んでもらえるかな、心配…。

それならこれからご紹介する、新橋玉木屋の「ホタテの佃煮が含まれる佃煮詰合せ」はいかがでしょう?

我が家でもらって食べてみたら、すっごくおいしかった✨、という食レポです。

また、新橋玉木屋の佃煮詰合せは、「“接待の手土産”セレクション2020」にも入選しています。

「高級品なので自分ではなかなか買わないけど、いただくとうれしい」物は、ギフトにぴったり。

きっと、喜ばれますよ

お歳暮にホタテの佃煮が届く

とある年末に、弟から、贈答用の佃煮詰合せが届きました。

マメな弟で、お中元、お歳暮の時期には、何かしら送ってくれるのです。
「佃煮か…。」
我が家はもちろん白いご飯も好きなので、感謝なことです。

贈答用の佃煮だと、マグロの角煮と、小エビと塩昆布と…、そんなところかなと思っていましたら、
「あらっ!」
何と、8種類ほどある詰合せの中に、ホタテの佃煮が入っていたのです。

boiledscallop-size

豪華ですね。

初めて見ましたが、直径は5cmほど。大きいです。

固く煮詰めてこの大きさだから、もともとの生のときはひとまわり大きな立派なホタテだったのでしょう。

開けてみると、良い形で黒光りしています。

big-boiledscallop

近所のスーパーなどでは、こんな立派な佃煮にはまずお目にかかれないですよね。

ホタテの佃煮を一口大にカットしてみると

このままではさすがに食べにくいので、包丁を入れて、ごはん一口に合うちょうど良い大きさに切り分けます。

こんなに肉厚なホタテなのに、中までしっかり煮汁が染みこむように煮込まれていますね。

素人では真似ができない、さすが職人の技

ホタテの佃煮を白いご飯といただく

炊きたての白いご飯に乗せて、ほおばる…。

おいしい!!

見た目ほど味は濃すぎることなく、ちょうどいいあまじょっぱさ

固すぎることもありません。
元々ホタテが持っているうまみと香りが口いっぱいに広がります。

かすかにオレンジ色が残っている卵巣はしっかりと卵のうまみがあり、ヒモの部分はコリコリしている歯触りがおいしい。

そしてやっぱり貝柱。

半透明の貝柱が飴色に光っています。

ただでさえうまみが濃い部分ですが、いいあんばいの煮汁と相乗効果をかもし出していて、たまらないおいしさ。

噛むほどに深い味わいがにじみ出てきます。

白いご飯との相性は抜群。

「おいしかったねぇ。」と家族みな笑顔。

ご馳走様でした。

目上の方のギフトにも最適!ホタテの佃煮

我が家に届いたのは「新橋玉木屋の佃煮詰合せ」です。

佃煮だったら日持ちもします。

目上の方に、失礼が無い贈り物です。

また、年齢を問わず食べられるのもポイントが高いですよね。

間違いなく喜ばれるでしょう。

「私もちょっと食べてみたいな…。」と思われた方、あらかじめ、ご自分で試してみるのもアリかもしれませんね